リハビリテーション科の案内infomation

 リハビリテーション科 あいさつ greeting

機器写真

























リハビリテーション室では医師の診察のもと理学療法・作業療法を行っています。主に整形外科疾患やスポーツ障害の治療、透析患者の運動療法、脳疾患・呼吸器疾患の患者の医学的リハビリテーションも行っています。
 
「痛くて動作が出来ない・腕が上がらない」、「痛みがとれなくて困っている」、「歩きにくい」、「ケガをしないカラダづくりを目指したい」

私たち理学療法士は、筋肉や関節の機能を正常に戻す治療の専門家です。痛みがある方は優先して痛みの原因治療が必要です。当院では担当理学療法士による個別治療や物理療法も行い痛みの改善を目指します。その後は正しい身体の使い方を指導してケガをしにくい体づくりをしていきます。理学療法を受けたいとお望みの方は主治医、外来医師にご相談ください。リハビリテーション科科長 理学療法士 永井 諭

 診療時間について

 
午前08:30〜12:30
午後13:30〜17:30

休診日:日曜日 年末年始  最終受付16:30 昼休み12:30〜13:30

 運動器リハビリについて 

 担当療法士が個別に治療を担当し物理療法、ホグレルなど併用して症状を改善します。療法士の治療は初回以降は予約制となります(予約時間は相談に応じ、またお電話にて変更やキャンセルも可能です)。治療は動きやすい服装で受けてください。物理療法のみの通院も可能です。

 運動器リハビリの治療対象となる主な症状

  • 肩が痛い、腕が上がらない 手が後ろに回らない(肩の症状)
    → 肩関節周囲炎 腱板断裂 拘縮 五十肩 スポーツ障害
    → 炎症・損傷などの症状を確認した後に、鎖骨や肋骨、脊柱、肩関節の動きを治療し、肩の痛みや可動域(運動範囲)を改善します。夜間にいたむ方は、睡眠時に寝方の指導をいたします。

  • 肩こり、背中がこわばる etc
→ 整形外科のK点症候群 リハビリ科の関節ファシリテーション ホグレルを合わせると効果あります。

  • 首が痛くて回らない、上を向けない(首の症状) 
頚椎捻挫 頚椎症 
→  神経の圧迫や血行障害を確認したうえで頸椎や肋骨の関節の治療 筋肉の過緊張の症状を改善していきます。

  • 手首が曲がらない、スポーツなどで手首痛めた(肘・手の症状)
上腕骨外側上顆炎 変形性肘関節症 腱鞘炎 ばね指 →炎症がおさまった後に手関節の可動域制限の治療 筋肉の過緊張の症状を改善していきます。





  • 歩くと股関節が痛む、靴や靴下はきにくい(股関節の症状)
変形性股関節症 →温熱や電気施行後に関節の治療、筋肉の過緊張の症状を改善していきます。

  • 起きると腰が痛い、手足がしびれる、お尻までうずく(腰の症状)
椎間板ヘルニア 変形性腰椎症 脊柱管狭窄症など → 神経の圧迫がないか確認した後に、腰の関節を治療、筋のこわばりの症状を改善していきます。

  • 階段上り下りがつらい、長く歩けない、膝が痛む、膝が曲がらない・伸びない(膝関節の症状)
変形性膝関節症 半月板損傷 オスグット スポーツ障害 →痛みや変形確認後に物理療法、運動療法を行います。膝サポーター、インソールあります。 

  • 足首の捻挫、土踏まずや付け根が痛む、足が疲れる(足関節の症状)
扁平足・外反母趾 捻挫 アキレス腱炎 足底腱膜炎  
→ 痛みには物理療法 足の関節(足根骨)を動かしてから歩き方やインソール作製など指導をします。
  • 手術後 骨折後の理学療法  →他院で手術した方、運動療法続けたい方も受けられます。
  • スポーツ障害(投球障害など)やメディカルチェック
  • 透析患者の運動療法、運動指導
  • 産後のリハビリ
  • 外傷対応 アイシング テーピング(KTテープ) サポーター インソール 松葉杖指導

治療はできるだけ早い段階で開始したほうがよいので、なるべく早めの受診をお願いいたします。



当院リハビリテーション科では 以下の治療を行っております。

 関節ファシリテーション(SJF) 

 当院では、関節ファシリテーションを取り入れた治療をしています。関節ファシリテーションは「関節運動を容易にする」という意味。最近の研究で、肩や膝の関節には「通り道」があることがわかってきました。通り道と呼ばれる本来の動きにそって動かすことで治療者も力を使わずに治療することが可能となり、痛みのない治療が受けられます。もう一つは、関節面(骨の表面)を近づけると「軽く動く」という関節の機能があること、腰仙関節で症状が消失するものが多いなど、わかってきました。
 
 2つの機能を取り入れた関節ファシリテーションは、
運動範囲の拡大、関節の動きの障害のために起きる痛みの治療、筋肉の収縮などを改善することができます。お困りの方、関節ファシリテーションを受けたいとお望みの方は、主治医又は外来医師にご相談ください。

 

SJF治療目的
痛みの原因である関節の中の動きの治療(症状:痛み、こりなど)
関節の可動性(運動の範囲)を拡大させる
力を入れやすくする。

 ホグレル

   

ネバータイトハム   マルチスロー    インナーサイ     ディッピング

・首、肩こり、五十肩などで困っていて楽になりたい方
・腰痛、股関節痛、ひざ痛でお困りの方
・自分で運動してよくなりたい方
・足腰の弱り、体の固さにお困りの高齢者
・スポーツ障害(野球投球障害、サッカー選手など柔軟性にお困りの方)


 物理療法

エアロバイク・トレッドミルなどの運動療法機器、ウォーターベッド、干渉波ハイボルテージなどの物理療法機器を各種取り揃えています。フィジオアクティブハイボルテージはスポーツ障害、捻挫、膝痛、腱鞘炎、腰痛などに鎮痛効果と速効性が望めます。オルタソニック(超音波)は捻挫、打撲などの急性期から慢性期まで幅広く治療可能です。

               
  週3回以上通院していただくと治療効果が高まります。

 「フィジオアクティブ ハイボルテージ」

 「フィジオアクティブ」はメジャーリーグ大谷翔平が導入して注目を浴びました。北見市のリハビリテーション室で導入しているのは当院が初。瞬間的に高電圧の電流を流すことで鎮痛抑制、血流量増大や組織修復、機能改善(EMS)にも使用しています。肩の痛み、腰痛やひざ痛、スポーツによる捻挫、打撲などの幅広く治療可能です。


 

 スポーツ障害  

サッカー、野球(投球障害)、バスケット、バレー、ゴルフなどのスポーツ活動時に靱帯や筋肉を痛めたり、膝や足、肩や腰などに機能障害を生じる方がいます。おこさんや学生さんの部活、社会人などの運動器の障害は競技や日常生活にも影響します。当院では医師の診察後に理学療法士による治療(運動療法)を行います。メディカルチェック、フォーム指導、ストレッチなどの運動指導、インソール作製を個別に行います。(詳細は下記にあります。)

 KT TAPE  

 当院ではKT Tape導入しました。アメリカ発祥のキネシオテープで、ロンドンオリンピックから注目されています。従来のコットン素材と違い、100%合成樹脂マイクロファイバーのため、伸縮性、弾力性がありサポート力が良い。運動でテープがのびてしまうこともありません。粘着性も優れ、皮膚にやさしくはがれにくいです。選手の中には汗がしみ込で嫌な方もいます。KT TAPEは耐水性に優れるため、風呂や水泳などの水につかっても、最大1週間は貼りっぱなしが可能です。

プレカットタイプ(25cm)により自分ではれます。練習・試合前にはると運動パフォーマンスが上がるため市民ランナーやスポーツをされている方におススメです。
  


 バイオフリーズ  

当院リハビリ室で使用しているバイオフリーズは天然トールと天然ハーブにより構成されたマッサージジェルです。筋肉のクールダウンや捻挫、肉離れ、関節痛や筋肉痛、産後ケア、各種スポーツ前後にもご使用していただくと治療に関する時間を短縮できます。「ロールオン」「使いやすいチューブタイプ」もあるのでお問い合わせください。※適量をまんべんなく塗るのがポイント。よりリフレッシュしたい場合には、塗布後乾くのを待ちもう一度塗り重ねてください。



 血液透析患者の運動療法について

 リハビリテーション科では透析患者の運動療法行っています。透析患者は高齢化に伴い、運動器疾患や心疾患を認める患者が多く、筋力や持久力、心肺機能の低下を防止するために日ごろから運動が必要です。運動行うことで生命予後やQOLに差が出ます。北見市の透析患者の運動継続率は低く平成30年の調査では運動習慣者(週に2回以上、1回30分、1年運動を継続している者)10.8%でした。一人で行うよりも専門スタッフがいる中で運動療法(非透析日、透析前)を安心して行うことが大切です。

このような方でお困りの方が当院に来ています。
・足がつるのをなんとかしたい ・痛みがあり運動できない ・柔軟性改善したい
・透析中、透析後の低血圧を改善したい ・筋力や体力の増強・維持目的 など

ご希望の方は初回は当院外来医師の診察をうけてください。問診票、医師に「透析の運動療法希望」「リハビリ希望」とお話しください。お問い合わせ:リハビリテーション科 永井


透析患者の運動療法、リハビリの流れ

医師の診察(運動できる状態か診察します。)

測定検査(担当:理学療法士)
@筋力(握力・片足立ち)A柔軟性(肘上げテスト・FFD・しゃがみこみ・BHDなど)Bバランス(片足立ち)C移動(10m歩行テスト、TUG)

到達目標の設定:患者説明・同意

運動プログラム設定・・・適時、効果判定する。

当院の特徴:
@痛みがある方は痛みの原因を治療(SJF、物理療法など)します。
A運動時痛なければ、身体の使いかたを指導し、股関節、体幹、肩甲骨の柔軟性の改善(ホグレル使用)に取り組みます。
B徐々にエアロバイクなどの持久性運動、筋張力増強運動を追加していきます。週2回通院し運動習慣がつくように運動生活指導をします。

 透析患者は透析導入直後に身体機能の低下が落ちる方が多くみられ、フレイル(健全な状態と要介護状態の中間)に移行します。筋力量や活動量が落ちると死亡リスク増えるため、
非透析日に4000歩の歩行運動をすすめています。

 

運動療法の開始条件:@全身状態良好、血圧安定 A患者が運動療法の内容に理解している B透析問題なく施行 運動日:非透析日、透析前


 産後リハビリについて                    

 妊娠・出産を機に変化する女性のからだ。痛みを抱えたまま、育児を頑張っていらっしゃいませんか?当院リハビリテーション科では腰痛や股関節痛など、痛みの原因に対しての治療・予防に取り組んでいます。赤ちゃん連れの方でも安心して治療が受けられるよう環境を整えております。詳細は下記ボタンをクリックしてください。お問い合わせ:リハビリテーション科 能登 「産後リハビリについて」とお伝えください。



産後リハビリ ホグレル スポーツ障害 高校生リハビリ見学などは下記をクリックして詳細確認してください。

産後リハビリ  産後リハビリは予約制です。

ホグレル 「ホグレル」を4台導入しました。道東地区初導入。

スポーツ障害 スポーツの治療やメディカルチェック行います。

理学療法  リハビリテーション  理学療法とリハビリテーションについて

学生リハビリ見学  
高校生のリハビリ場面見学について

お問い合わせ:kitamihokutoreha@gmail.com(リハビリ科メール)


研究・業績 
リハビリ科の研究・業績・活動


当院の理学療法も、SJF学会主催の勉強会に参加し、日々技術の向上に努めています。H28年7月31日に当院で研修会も開催しています。  

(大地会 関節ファシリテーション 北海道東北支部)


 




 

北見北斗病院ビルダークリニック

〒090-0045
北海道北見市北5条西1丁目6番地
TEL 0157-23-3225
FAX 0157-23-3113
E-Mail info@kitami-hokuto.com