リハビリテーション科の案内infomation

 リハビリテーション科 あいさつ greeting

機器写真

























広々とした明るいリハビリテーション室には、医師の指示のもとに国家資格の理学療法士・作業療法士が治療・訓練をしています。肩の痛み・腰痛、頚部痛などの整形外科疾患、脳疾患・呼吸器疾患・がん疾患による各症状をもつ患者を対象に毎日治療・訓練しています。最近では、ホグレルを導入し、日常生活をすごしやすくするため、けがをしにくいカラダづくりをするためのコンディショニングにも、スタッフ一同お手伝いいたします。痛くて動作が出来ない、健康なカラダづくりを目指したい、理学療法を受けたいとお望みの方は、主治医又は外来医師にご相談ください。リハビリテーション科 科長 永井諭

 診療時間について

午前08:30〜12:30
午後13:30〜17:30

休診日:日曜日 年末年始  最終受付16:30 

施設基準 
運動器リハビリテーション料T 呼吸器リハビリテーション料T
脳血管疾患等リハビリテーション料V がん患者リハビリテーション科

 運動療法 関節ファシリテーション(SJF)  

 当院では、関節ファシリテーションを取り入れた治療をしています。

 関節ファシリテーションは「関節運動を容易にする」という意味。最近の研究で、肩や膝の関節には「通り道」があることがわかってきました。通り道と呼ばれる本来の動きにそって動かすことで治療者も力を使わずに治療することが可能となり、痛みのない治療が受けられます。もう一つは、関節面(骨の表面)を近づけると「軽く動く」という関節の機能があること、腰仙関節で症状が消失するものが多いなど、わかってきました。

 2つの機能を取り入れた関節ファシリテーションは、運動範囲の拡大、関節の動きの障害のために起きる痛みの治療、筋肉の収縮などを改善することができます。

 

当院の理学療法も、SJF学会主催の勉強会に参加し、日々技術の向上に努めています。H28年7月31日に当院で研修会も開催しています。  

(大地会 関節ファシリテーション 北海道東北支部)



SJF治療目的


・痛みの原因である関節の中の動きの治療(症状は痛み、こりなど)。
・関節の可動性(運動の範囲)を拡大させる。
・力を入れやすくする。

対象となる主な症状

  • 肩が痛い。腕が上がらない。
  • 手術後の理学療法
  • 起きると腰が痛い。手足がしびれる。
  • けが、体がよく動かない。
  • 歩くと股関節や膝関節が痛む。
  • 手が動きにくい。はしを使えない。
  • 階段上り下りが上手くいかない。
  • 首が痛くてまわらない。 
  • 肩こりがつらい、頭痛もする。       etc


お困りの方、関節ファシリテーションを受けたいとお望みの方は、主治医又は外来医師にご相談ください。

 
 最新の物理療法を完備

エアロバイク・トレッドミルなどの運動療法機器、ウォーターベッド、干渉波ハイボルテージ、超音波治療器などの物理療法機器を各種取り揃えています。
フィジオアクティブHVは、捻挫、膝の痛み、腱鞘炎、腰痛などの鎮痛効果と速効性が望めます。オルタソニックはズポーツの捻挫、打撲などの急性期から慢性期まで幅広く治療可能です。

  
ウォーターベッド             干渉波             ホットマグナー
        
フィジオアクティブ(ハイボルテージ) オルタソニック(超音波治療器) 

物理療法の注意点
ホットパック:湿布、カイロなどは取り除いてください。やけどの原因となります。
マイクロウエーブ:ネックレスなどの金属類は取り除いてください。汗をかいていればふき取ってください
         人工関節 ペースメーカーの方は、事前にお知らせください。
牽引:リラックスした姿勢で安静にして下さい。治療中に治療中に痛みが強くなったりした場合は、安全スイッチを操作し牽引器を止めスタッフにお知らせください。
電気治療:鎮痛抑制、創傷治療、筋機能改善(筋力増強)目的です。治療中に電気刺激が強くなった場合は、スタッフにお知らせください。
その他:異常を感じた場合には、直ちに治療を中止しスタッフにお知らせください。


 血液透析患者の運動療法について

 近年の高齢化に伴い、透析患者の平均年齢も年々上昇しています。運動器疾患・心疾患を有する患者も多くみられることから。筋力や持久力、心肺機能の低下を防ぐため、透析室と連携した運動療法を実施しています。若年の透析患者にも、体力増強や生活習慣病予防に対しても指導します。


 産後リハビリについて                    

 妊娠・出産を機に変化する女性のからだ。痛みを抱えたまま、育児を頑張っていらっしゃいませんか?当院リハビリテーション科では腰痛や股関節痛など、痛みの原因に対しての治療・予防に取り組んでいます。赤ちゃん連れの方でも安心して治療が受けられるよう環境を整えております。
詳細は下記ボタンをクリックしてください。お問い合わせ:リハビリテーション科 能登 「産後リハビリについて」とお伝えください。

産後リハビリ  産後リハビリは予約制です。

ホグレル 「ホグレル」を4台導入しました。道東地区初導入。

スポーツ障害 スポーツの治療やメディカルチェック行います。

理学療法  リハビリテーション  理学療法とリハビリテーションについて 

 ホグレル  

   

ネバータイトハム    マルチスロー    インナーサイ     ディッピング

北見北斗病院ビルダークリニック

〒090-0045
北海道北見市北5条西1丁目6番地
TEL 0157-23-3225
FAX 0157-23-3113
E-Mail info@kitami-hokuto.com